薬と笑う女性
  • ホーム
  • アフターピルの効果と副作用

アフターピルの効果と副作用

アフターピルは緊急避妊薬として多くの方が服用をしています。
性行為後に服用していくことで、強制的な生理を発生していき、体内に入り込んだ精子を膣外に排出していく効能を得ていけます。
アフターピルには性行為の後に飲む形式のアフターピルと、性行為の翌朝に飲む形式の避妊薬であるモーニングアフターピルがあります。
性行為の際に避妊に失敗した場合や避妊具が破れてしまったような場合には強制的に生理を起こすアフターピルは有効な避妊手段になってもいきます。

性行為をする場合にアフターピルを保持していなくても、モーニングアフターピルであれば、行為の翌朝に服用をすることができ、手軽に避妊効果を得ていけるようになります。
アフターピルを服用していくには、性行為から時間が経っていないことが大切です。
性行為から72時間以上経過した際には、アフターピルの効果が薄くなり、服用の意味も無くなっていきますから注意が必要です。

モーニングアフターピルやアフターピルの購入は医局や調剤薬局での購入というイメージもありますが、アフターピルの購入は通販サイトからも可能です。
都合の良いタイミングで通販サイトからの購入を行なっておくことで、いざという時にも不安が無くなっていきます。
モーニングアフターピル等のアフターピルを服用した場合には、通常の生理痛と同様な副作用も発生していきます。

体調や体質により、腹痛や頭痛等の症状も発生していきますが、一定の期間が経過すれば回復をしていきますので心配もありません。
強制的に生理を起こすことに不安を感じる方もいるでしょうが、生理の周期を改善していく場合もあり、強制的に生理を起こすことに神経質になることも無いでしょう。
ピルを服用することにより高い避妊効果を得てもいけるのは事実ですが、副作用の症状が重い場合には、即座に病院のカウンセリングを受けていくことが大切です。
高い避妊効果を得ていけるピルですが、頼りすぎ無いことも大切です。

アフターピルは一回服用と二回服用がある、違いは?

モーニングアフターピル、またはアフターピルとも言われる種類のピルは、性行為後に緊急的に避妊をするために服用する経口避妊薬です。
性行為を行った後でも、自分で避妊できるというモーニングアフターピルは、女性にとって意味がある薬と言えるでしょう。

ただ、購入したモーニングアフターピルの種類によって、服用方法が変わってきます。
服用方法を間違えてしまうと、避妊の効果が期待できなくなるので注意が必要です。
モーニングアフターピルには、ヤッペ法とLNG法と呼ばれる二つの方法があります。
ヤッペ法ではプラノバール錠、LNG法はノルレボ錠という種類のモーニングアフターピルを使うのが特徴です。

ヤッペ法は避妊に失敗した性交の後、72時間以内にプラノバール錠を1錠服用し、再度12時間後に同量を摂取する服用方法を行います。
2回、モーニングアフターピルを服用するのがヤッペ法のポイントです。
避妊の効果を得られるヤッペ法ですが、摂取するホルモン製剤の量が多いため、どうしても副作用が起こりやすいと言われています。
そこで、最近は1回のみモーニングアフターピルを服用する、LNG法が主流となりました。

LNG法であればノルレボ錠を性交渉後、72時間以内に1錠服用するだけで避妊の効果を得られます。
2回摂取しなくても良いので、副作用が起こり難いのがLNG法の魅力です。
ヤッペ法の場合、嘔吐の副作用は服用した人の約50%に出現しますが、LNG法であればわずか10%に抑えられます。

また、1回だけ摂取すれば良いという手軽さもあり、最近ではLNG法で緊急避妊を行うのがポピュラーとなっています。
避妊の効果もLNG法の方が高いので、モーニングアフターピルで避妊を考えるのであればLNG法を選びましょう。

関連記事