薬と笑う女性
  • ホーム
  • クリマラの効果と副作用について考える

クリマラの効果と副作用について考える

クリマラには女性ホルモンの一種であるエストロゲンが含まれており、貼るタイプの薬となっています。
皮下組織に取り入れられてから少しずつ有効成分が吸収されていくため、副作用のリスクが少ないこともポイントです。
エストロゲンの濃度を効率よく維持することができますし、経口タイプの薬に抵抗がある人や肝臓に負担をかけたくないという人に向いています。

女性ホルモンは女性にとって重要なものですが、閉経を迎えるころになると体内の分泌量が急激に減少してしまいます。
結果として体にさまざまな症状を引き起こすということです。
火照りや眩暈、頭痛などの症状が発生しやすくなりますが、これは急にエストロゲンが減少したことに体が追いつけなくなって発生する症状と言われています。
このような症状を改善したいという場合、エストロゲンをきちんと補うことがポイントです。
クリマラの有効成分には生殖腺を刺激するという効果があるため、エストロゲンの分泌をきちんとサポートしてくれるでしょう。

卵巣を摘出する手術を受けた場合、エストロゲンが分泌されなくなってしまいます。
エストロゲンが減少するとコラーゲンの生成も減少してしまいますし、膣の壁が薄くなって乾燥しやすい状態となります。
それによって膣の壁が炎症を起こしてしまうこともあるため、このような症状を改善するためにクリマラが使われることもあります。
また、膣が乾燥していると性交渉の際の痛みが強くなってしまうこともありますし、クリマラが効果を発揮してくれるということです。

クリマラを使用したいという場合、正しい使用法や貼る場所などを確認しておきましょう。
この薬は1回につき1枚を使用することになります。
どこに貼るのかということですが、下腹部や臀部、背中などに貼ることが一般的です。
体に貼ると有効成分が少しずつ放出され効果が出てきます。

クリマラの副作用としては、体の疲労感や倦怠感、眩暈、むくみ、頭痛、不眠症、動悸などが挙げられます。
また、血栓症など重篤な副作用のリスクについても指摘されています。
なかなか副作用が治まらない場合や悪化してしまった場合、すぐにドクターの診察を受けましょう。

クリマラの使用方法

クリマラは貼るタイプの女性ホルモン剤で、男性が使うと美容効果が期待できる他に、女性に匹敵するエストラジオールの平均血中濃度が得られ、副作用のリスクも少ないという優れたホルモン剤になっています。

女性化目的での正しい使用法はクリマラのパッチを患部に貼り続け、1週間経過したら新しいパッチに交換します。
貼る場所としてどこがいいかというと腹部か臀部で、貼る際に気をつけておかないといけないことは、かぶれた皮膚や傷がある部分には貼らずに乾燥している皮膚に貼ること、接着面には触れずに貼ること、胸には絶対に貼らないこと、同じ箇所に連続して貼らないことなどが挙げられます。

また、ベルトがくる位置に貼ってしまうと剥がれやすくなってしまうことがあるので注意が必要です。
クリマラには50と100の2種類があり、それぞれで服用量が変わってきます。
クリマラ50であれば2枚貼れば100の1枚分と同じ効果になるので、50の1枚から100の2枚の範囲で調節していきます。
ホルモンバランスは1人1人で異なるので、50が1枚で十分に効果が得られる場合もあれば、それだけでは足りない場合もあるので、自分に合った量を把握して使用を続けていくことが大切です。

クリマラは、錠剤タイプの飲むホルモン剤と比較しても直接皮膚から血中に成分が吸収されていくため効率良く全身に浸透し、高い効果を発揮することができます。
さらに、成分のエストラジオールは肝刺激作用が弱く凝固系がほとんど変化しないため、血栓症のリスクも最小限にとどめることができます。
また、エストラジオールは女性の体内で生産されるものと同一の天然成分なので、安全性の高さという面でも優れています。

関連記事