薬と笑う女性
  • ホーム
  • 更年期障害ってどんな症状?

更年期障害ってどんな症状?

更年期障害は、40代半ばから50代半ばにかけて女性ホルモンの減少によっておこるさまざまな体調の変化がでます。
日常生活に支障が及ぼすほどひどい症状に悩まされる人もいます。

多くの場合、ほてりや発汗頭痛、めまいイライラの精神症状など個人差がありますが体調不良がおこります。
年齢は40代に入ると症状が出始める人もいますが、早い人だと30代前半や後半頃から症状が出る人もいます。
30代で起こる若年性更年期は無理なダイエットや子宮の病気をした人にも見られます。

更年期障害は日常生活に影響が出ることもあり、多くの女性が経験します。
特に仕事をしている女性や、親の介護でストレスが多い人は重くなる傾向にあります。
子供の独立などでもストレスが多くなり更年期障害が悪化します。

一般的に更年期障害は閉経をはさんで前後5年間を指します。
個人差がありますが症状が重い人、軽い人や全く出ない人もいます。
40代に入り体調不良を感じ始めたらプレ更年期です。
検査をしてもどこも悪くないのに、なんとなく体調が悪い、頭痛やめまいが続いたり食欲不振、便秘や下痢が起こるのはプレ更年期の始まりと考えてよいでしょう。

更年期症状は女性だけに見られると思われがちですが、男性も更年期があります。
女性は身体の変化と体調不良が多い傾向にありますが、男性の場合は精神的な面に症状がでることもあります。
50代を迎える頃から無気力や、イライラ不眠などの症状が出る人も多いです。
性格的なことも関係していると言われています。
真面目や完璧主義ストレスを抱えやすい人は特に更年期の症状が重くなる傾向にあるので注意が必要です。

女性は閉経を迎える数年前から女性ホルモンの急激な減少によって、イライラやめまい、頭痛や関節痛が重くなることもあります。
無理をしないで休むことが大切です。
症状に合わせて専門家で治療を行うなど我慢しないで相談できる人を持つことが大切です。
ゆっくり向き合いながら過ごすようにしましょう。

若年性更年期障害はどう治す?

更年期障害は40代半ばから50代半ばにかけて起こることが一般的ですが、もっと年齢を重ねる前に若年性更年期障害を患う人がいます。
プレ更年期に差し掛かるよりもさらに前、20代後半から30代で体のほてりやイライラ、発汗などの症状を認める人もいます。

過度なストレスや無理のあるダイエット・月経不順・睡眠不足・不規則な生活などが主な原因です。
早期の閉経も原因の1つと言われています。
女性の体の中で作られる卵子の数は決まっており、初潮の年齢が若くなるとその分早く閉経することがあります。

若年性更年期障害も、女性だけではなく男性にも起こり得るので油断は禁物です。
ホルモンバランスが崩れると、やはりホットフラッシュやイライラが募ってくることがあります。
治し方としてまず挙げられるのが、生活習慣の改善です。
食生活の乱れを直したり、睡眠不足に陥らないよう十分な睡眠を取れるスケジュールを組んだり、ストレスをためないことも重要です。

ストレスをためないことと同時に、うまく発散することも良い方法として挙げられます。
思い切りおしゃべりをしたり、体を動かしてストレスを発散したり、1人で部屋で静かに過ごすことでリラックスしてストレスを軽減することができる人もいます。
取り組み方は人それぞれで、一律にこれというのはありません。
できれば1つだけではなく2つや3つ解消法を身に付けておくと良いです。

生活習慣の改善とともに、専門家にアドバイスを求める方法もあります。
女性の場合は主に婦人科になりますが、ホルモン療法などを行えば症状が改善することが多いです。
その他漢方を使ったり、抗うつ剤やピルを使うこともあります。
薬を使って治そうとする場合はプロに診てもらうことが重要です。
素人判断で使うと治らないばかりか、症状が悪化することもあるので注意が必要です。

関連記事