薬と笑う女性
  • ホーム
  • 高用量ピルの種類と効果について

高用量ピルの種類と効果について

ピルは含まれているホルモンの量によって種類が分類されていますが、中用量や高用量になると子宮筋腫や子宮内膜症などの女性器系疾患の予防や改善を目的に使用されています。
一部では、避妊目的や緊急避妊用ピルとして処方している医療機関もありますが、副作用のリスクが高くなるので要注意です。
不安がある場合は、それだけのリスクを背負ってまで、高用量ピルを服用する意味があるのかを医師にも確認すると良いでしょう。
もちろん副作用がまったく出ない人もいるので個人差があります。

中でも高用量ピルは卵胞ホルモンがとても多い種類で、エストロゲンと呼ばれる卵胞ホルモンと黄体ホルモンのプロゲステロンを主成分としているのでホルモンバランスを整える効果があります。
月経困難症や生理痛の抑制の改善を目的として、服用する際には医師からの処方と指導が必要です。
心配なのが副作用のリスクが高いけど、吐き気・頭痛・下痢などが起こる可能性があることです。
また、高用量ピルのソフィアCは太るという副作用があって、その原因は食欲に負けてしまって摂取カロリーをコントロール出来ていないことで、それに脂肪がついてしまうとか体内の水分が増えることも原因です。
高用量ピルを飲むことで、身体が妊娠中だと錯覚するために起こる副作用のひとつです。

また一般的なピルは避妊薬として処方されますが、高用量ピルの場合は避妊目的に処方されることはありません。
でも、実は不妊症などの女性に処方して、妊娠しやすくする為に服用する場合もあります。
不妊治療でピルを服用する場合には、排卵後に服用することで黄体ホルモンの分泌を促して着床しやすい環境をつくって高温期を維持させる働きがあります。

体への負担が大きい高用量ピルは長期間の服用は定期検診を受けながら医師と相談すること、飲み合わせや飲み忘れに気を付けて正しく服用しましょう。
そして、個人輸入などで購入するのは危険なので必ず医師からの処方で購入してください。

高用量ピルは太る?毛深くなる?

ピルには様々な種類があり、その中でも高用量ピルは卵胞ホルモンのエストロゲンが多く含まれている薬です。
月経トラブルや生理日の調整、不妊治療などに主に用いられています。
避妊効果がありますが、エストロゲンが多いため、現在では避妊を目的として処方されることはほとんどありません。
しかし、排卵の抑制効果により、飲み方が正しければ結果的に避妊を行うことも可能です。
代表的な高用量ピルとしては、ソフィアCが存在します。

高用量ピルは、含まれているホルモン量が多いため、強い効果があるものの副作用が出やすい傾向があります。
そのため、現在はホルモン異常による女性器系疾患などの治療に用いられるのが一般的です。
ソフィアCの副作用には、他の種類のピルと同様、頭痛や吐き気、むくみや下痢などがあります。
特に報告が多い副作用として、むくみや体重増加などがあげられます。
これは薬の作用で、ナトリウムや体液が体内に溜まりやすくなることで、水分が原因のむくみや体重増加を起こしてしまうのです。

また、ピルを服用している最中の女性の体は、妊娠中の状態と同じであると脳が勘違いを起こしてしまいます。
そのため様々な効果を得られますが、妊娠中の女性は低温期がなくなり常に高温期の状態になるという特徴があります。
高温期が続くと食欲が増し、通常よりも多くの食事を摂取しなければ満足感を得られないため、結果的に太ることにつながるのです。

また、体毛はホルモンバランスによって濃さに変化が起こります。
基本的に女性ホルモンが含まれているピルは、体毛が薄くなると言われています。
しかし、体毛の変化は個人差が大きく、体毛が薄くなるだけでなく、濃くなる場合や、まったく変化が現れない場合もあるので注意が必要です。

関連記事